« 日本ブログ界は芸術の域 | トップページ | 中目黒には塩ケーキより醤油ケーキの方が似合ってる »

劔岳 点の記」 ロケ中の事故]

[映画化] ブログ村キーワード

日刊スポーツ [06/14(木) 09:16]剱岳で、来年公開予定の映画 『剱岳点の記』のロケ中に大事故発生で、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080619-00000106-jij-soci
富山県立山町の別山(2880メートル)で行われていた撮影中、落ちてきた岩が録音技術師斉藤禎一さん(67)=東京都狛江市岩戸南=の頭を直撃した。斉藤さんは県警山岳警備隊のヘリコプターで病院に運ばれたが重傷を負った。

この経過推移はまだ発表されてないが、撮影が延びることも懸念され、公開予定も未定になる可能性が出て来た。

山岳ファンは多く、待望してた向きには、残念なニュースだった。

新田次郎氏傑作山岳小説を常識破る映画化

 東映は13日、作家新田次郎氏の傑作山岳小説「劔岳(つるぎだけ) 点の記」の映画化を発表した。日露戦争直後、前人未踏といわれた北アルプス剱岳の登頂を命じられた、測量官たちの苦闘を描く。浅野忠信(33)香川照之(41)らが出演し、高倉健(76)らトップ俳優の作品を手掛けてきた木村大作カメラマン(67)が初メガホンをとる。撮影は2年間にわたって、剱岳を中心とした立山連峰で行う予定。製作費10億円を超える大作で09年の公開。
 都内で会見した東映の坂上順常務は「キャスティングマーケティングに注意を払った作品でもなかなかヒットしない。開き直って自分たちの分かる範囲の本物の作品ならいいのではと映画化を決意しました」と話した。
 小説「劔岳 点の記」は、実在の測量官柴崎芳太郎が不屈の闘志で剣岳登頂に挑む姿をつづっている。名作「八甲田山」などの撮影監督を務めてきた木村カメラマンが「経済至上主義、効率主義の世の中にあって、今とても必要なメッセージがある」と映画化を発案。初めて監督も務める形で製作が決定した。
 77年に発表された原作「劔岳 点の記」はこれまで映像化困難と言われてきた小説だ。北アルプスの立山連峰にそびえる標高2999メートルの剣岳は、登頂ルートによっては滑落事故が後を絶たず、特に厳寒期のロケ撮影は不可能と言われてきた。東映は同カメラマンの情熱に押される形で映画化を決め、足掛け2年、約200日に及ぶ撮影スケジュールを立てた。
 すでに今年4、6月に実景撮影を行っており、俳優参加の撮影は9月から開始する。剣岳に立った人間の目線にこだわるため、CG処理、ヘリコプターによる空撮は行わない。俳優を含む撮影隊は標高2600メートル地点にベースキャンプを張った上、気温が氷点下40度にも達する中、山小屋やテントと山頂付近の上り下りを繰り返す過酷な撮影が予想される。
 同カメラマンは出演交渉を自分で行い浅野、香川、松田龍平、仲村トオルの出演が決まった。主人公役の浅野は「剣岳を登ること、山の中で生活することで自分がどんな表現をするのか、とても興味深い仕事をできることに感謝しています」。同カメラマンは「山岳映画ではない。山を舞台にした人間の心情の物語、人生の映画だ」と意気込んでいる。
- 日刊スポーツ [06/14(木) 09:16]

|

« 日本ブログ界は芸術の域 | トップページ | 中目黒には塩ケーキより醤油ケーキの方が似合ってる »

「ニュース」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/135836/21831465

この記事へのトラックバック一覧です: 劔岳 点の記」 ロケ中の事故]:

« 日本ブログ界は芸術の域 | トップページ | 中目黒には塩ケーキより醤油ケーキの方が似合ってる »